So-net無料ブログ作成
検索選択

ケータイ向け「MapFan」、「桜・お花見特集」配信スタート!〜全国の開花情報を毎日更新!〜 インクリメント・ピー株式会社

ケータイ向け「MapFan」 写真一覧(2件) インクリメント株式会社運営する、NTTドコモ向け地図検索サービス「iMapFan」、Yahoo!ケータイおよびEZweb向け「ケータイ地図MapFan」(以下ケータイ向け「MapFan」)では、全国のお花見スポットの桜開花情報を提供する「桜・お花見特集」を公開いたしました。情報料無料でご覧いただけます。「桜・お花見特集」では、全国約970ヶ所のオススメお花見名所を、桜の開花情報、天気予報、周辺情報と合わせてご案内します。桜の状態は、つぼみ、咲き始め、5分、満開、葉桜の5段階でお知らせ。情報は毎日更新されるので日々変化する桜の開花状況をケータイからいち早くチェックできます。週間天気予報も一緒に確認できるので、これからのお花見シーズン、是非ご活用ください! < サービスの概要 >◆オススメお花見スポット情報 全国・各都道府県のお花見スポット約970ヶ所についてご紹介。◆開花状況を毎日更新 桜の状態を【つぼみ、咲き始め、5分、満開、葉桜】の5段階で毎日お知らせ。◆提供期間 3月15日(月)〜5月上旬頃(桜の散り終わりまで)◆週間天気予報(無料)◆周辺情報検索 グルメ、温泉、ホテル、駐車場など周辺のスポットもカンタンに検索できます。◆お花見スポットを友達に教える! 気になるお花見スポット情報を友人にメールでお知らせできます。 (※ソフトバンク端末では受信のみ可能)<< ケータイ向け「MapFan」サービス >>------------------■「iモード」メニュー内地図サイト「iMapFan」 :メニューリスト> 乗換/地図/交通> 地図・ナビゲーション> iMapFan地図ナビ交通■Yahoo!ケータイ向け「ケータイ地図MapFan」 : メニューリスト> 交通・グルメ・旅行> 地図> ケータイ地図MapFan■EZweb向け「ケータイ地図MapFan」:カテゴリ検索> 地図・交通・旅行> 地図(国内)> ケータイ地図MapFan-----------------------------------------------------------◆「MapFan(マップファン)」はインクリメントPの登録商標です。◆記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。◆当サービス利用時は別途、パケット料金が発生します。※情報:株式会社ライフビジネスウェザーNews2uリリース詳細へ

円山動物園 ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 札幌(毎日新聞)

 札幌市円山動物園の新施設「エゾヒグマ館」が17日、オープンした。北海道に生息するエゾヒグマが餌を探したり、木に登ったりする姿を間近で見ることができるのが魅力だが、「おてんばぶり」が期待された雌の「とわ」(2歳)が直前に脚にけがをするハプニング。初日は元気な姿を見せ、人気ぶりを披露したが、週明けからは公開を休止し「一時静養」。大型連休初めの29日には再開させる。

 「とわ」は3月まで登別市の「のぼりべつクマ牧場」で育てられ、人間なら小学校高学年ぐらい。今月15日の報道陣への公開では慣れないすみかに、走り回って木を引き倒すなど「おてんば娘ぶり」を披露していたが、同動物園によると、1日に雪で足を滑らせ、ケージに後ろ脚を引っ掛け、軽いけがをしていたという。

 施設の目玉は、「餌穴」と呼ばれる細長いコンクリート製の穴。ヒグマの習性を利用し、前脚を使って餌をかき出す様子が楽しめる。「とわ」はけがにもめげず、「餌穴」によじ登り、強引に顔を突っ込み、餌を食べようと必死な姿を見せ、来園者の笑いを誘った。【片平知宏】

【関連ニュース
雑記帳:「エゾヒグマ館」公開へ 札幌
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
ホッキョクグマ:双子の父、古巣・札幌へ
ホッキョクグマ:さよならママ 双子の送別会
雑記帳:飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園

普天間「必ず五月晴れに」=鳩山首相(時事通信)
大型アップデート「龍虎共闘史」、“部曲決戦”とは?――「三國志 Online」
火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)
中国艦艇、沖ノ鳥島近海居座る 政府“隠蔽” 中国に配慮?(産経新聞)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)

F4ジェリーがユニット再開希望!?「育ての母」アンジー・チャイも期待!―台湾

写真拡大14日、ドラマ「流星花園〜花より男子〜」などを手がけた著名プロデューサーのアンジー・チャイが、F4再結成への期待を語った。写真はアンジー・チャイ。 2010年3月14日、ドラマ「流星花園〜花より男子〜」などを手がけた「F4の育ての母」こと著名プロデューサーのアンジー・チャイ(柴智屏)が、F4再結成への期待を語った。聯合報が伝えた。F4のジェリー・イェン(言承旭)がこのほど新写真集の発売イベントで、これまで関わった女性たちについて、「最も取り戻したい人」としてアンジーの名前を回答。F4としてのユニット活動が消えてから4年目を迎え、新たに再始動を願っているのでは?と報道されている。【その他の写真】「流星花園〜花より男子〜」でF4を一気に大スターに仕立て上げた著名プロデューサーのアンジーは、ジェリーの発言について、「好ましい脚本があったり、ジェリーにいいアイデアがあれば、もちろんF4活動をやってもらいたい」と好意的な見方も。しかし、4人のスケジュールの都合から見て、「今年中は難しい」と話していた。F4の4人とは、メールのやりとりなどで連絡し合っているというアンジー。以前はジェリーと年の差愛がうわさされ、さらにその後は仕事を巡って絶縁状態も伝えられた2人だが、06年に香港で行われたF4のコンサートでは手つなぎ姿を見せ、関係の雪解けを示していた。(翻訳・編集/Mathilda)【関連記事】・【華流フリークス☆発熱フォーラム】F4・「F4」もはや「日本限定」?カウントダウンは「F2」ジェリーとケンのみ―中国・「09年イケメントップ5」の1位はF4ヴィック、「兄弟分」ジェリーに圧勝!金城武も根強い人気―台湾・F4ジェリーが新写真集サイン会、“狭く深く” 恋人数は「片手で十分」―台北市・F4ヴァネスが“薬物騒動”に潔白表明、サモ・ハン息子「ABC」偏見に抗議―台北市

アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件

 オウム真理教による地下鉄、松本両サリン事件などの被害者への賠償問題で、後継団体の「アレフ」は16日、被害者側に約360万円を新たに支払ったと発表した。しかし、依然として20億円を超える支払い義務が残っており、被害弁済は滞っている。 記者会見した荒木浩広報部長は「会員の減少や高齢化、不況により支払い能力は大きく低下しているが、道義上の責任に基づき誠意ある対応をしたい」と話した。 

プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業

 大鵬薬品工業は3月12日、H2受容体拮抗薬プロテカジン錠5、同10について、逆流性食道炎の効能・効果を取得したと発表した。 今回の承認は、プラセボと比較したフェーズ3試験の結果に基づく。投与8週後の内視鏡治癒率は、プラセボ投与群の9.7%に対し、プロテカジン投与群で71.0%だった。投与2週後の日中の胸やけ症状の回数変化率は、プラセボ群の▲4.2%に対し、プロテカジン投与群で▲40.0%と、いずれも有意差があった。 プロテカジンは、2000年1月、▽胃潰瘍▽十二指腸潰瘍▽吻合部潰瘍▽急性胃炎▽慢性胃炎の急性増悪期▽麻酔前投薬―の適応で承認を取得。09年1−12月の売り上げは75億円(薬価ベース)。【関連記事】新ルール適用は7成分16品目―来年度薬価改定タケプロンに効能追加申請―武田薬品酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品パリエットの効能・効果の追加を申請―エーザイ過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など

琉球泡盛残波 初栄冠 ちゅーばーL

琉球泡盛残波―名桜大 3回表、右越えへ2打席連続の本塁打を放つ伊藝将志=読谷平和の森球場  ソフトボールの「第13回ちゅーばーリーグ」(主催・同実行委員会、共催・琉球新報社)最終日は14日、読谷平和の森球場などで決勝リーグを行い、1位リーグは琉球泡盛残波と名桜大が優勝決定戦を戦い、琉球泡盛残波が五回コールドで初優勝を果たした。◆目指す日本一「収穫あり」 伊藝アピール2発 「言うことなし」。圧勝で決勝を制し、頂点に立った琉球泡盛残波。比嘉秀次監督は、投打がかみ合う納得の内容での勝利を手放しで喜んだ。 決勝のマウンドに立ったのは普段ショートを守る与那覇卓也。登板予定だった宮平永義は前の試合で1点を争う激戦を投げ抜き、もう一試合戦う力は残っていなかった。試合開始のわずか20分前、比嘉監督から先発を告げられた。 「緊張して余分な力が入った」という与那覇は立ち上がりこそ安定せず、初回に2点を奪われたものの、すぐさま味方が追いつき、二回以降は「リセットできた」。得意のチェンジアップでタイミングを外す「狙い通り」の快投。内野ゴロの山を築き、名桜大に反撃のすきを与えなかった。 打撃ではことしから加入した伊藝将志がチームを勢いづけた。2点をリードされた二回表。先頭で打席に入ると、まずセンターフェンス越えの一発。同点で迎えた三回はヒットエンドランのサインに空振りし、三塁走者をアウトにされてしまうが、その直後にライト頭上を越える決勝弾を放った。2打席連続本塁打の“新顔”は「チームにアピールできた」と胸を張った。 ことし初の公式戦となった今大会。エースの宮平は最優秀選手賞を獲得し、緊急登板の与那覇や新加入の伊藝が期待に応え、新人の知花響、波平一輝らも活躍した。「いろんな収穫があった」と比嘉監督。充実した内容で締め、目標の日本一へ向けて最高のスタートを切った。(大城誠二)■関連ニュース県酒連が「泡盛百科」公開 銘柄情報を網羅神村酒造が第5回感謝祭県産食材加工 輸出へ 沖縄セントラル貿易が自貿入居古酒の郷遅延 産業振興に文化力生かそう「古酒の郷」着工延期 販売減で資金不足

【コラム】レイチェルの敗戦が招いた大打撃

イギリスフランスアメリカ…ワールドワイドな視点で競馬を見続ける筆者が、世界各国の競馬について、そして日本競馬と世界競馬との違いについて、大いに語る!  アメリカの女傑といわれる、レイチェルアレクサンドラ(牝4)と、ゼニヤッタ(牝6)の始動戦が先週末行われたのだが、名牝2頭の明暗はクッキリと分かれた。 まず、サンタマルガリータH(AW1800m)に臨んだゼニヤッタは、1馬身1/4差で快勝。9つ目のGI制覇をはたし、通算成績15戦15勝と連勝街道まっしぐらだ。 一方、ニューオリンズレディースS(ダ1700m)に挑んだ、昨年の年度代表馬レイチェルアレクサンドラは、3/4馬身差の2着。まさかの敗戦を喫した。アスムッセン調教師はレース後「仕上がり途上でも勝てると思ってたんだけど、60%の力しか出せず2着という結果になってしまった。彼女に汚点を残してしまい申し訳ない。次走に関しては未定だが、4月の後半までは使わないつもり」と、語っている。 この2頭は直接、4月9日に行われるアップルブロッサムHで対決する予定だった。「怒涛の追い込み」を見せるゼニヤッタと、「軽快に飛ばす」レイチェルの“世紀の対決”。しかし、この敗戦により実現は持ち越しとなってしまった。 実はこのレース、通常は50万ドルの賞金のレースなのだが“世紀の対決”が実現するとあって、その賞金にはスポンサーがつき500万ドルに跳ね上がっていた(10倍だ!)。しかしまた、このビッグボーナスまでもが白紙に…。さらに“世紀の対決”の放映を、ゴールデンタイムに予定していたテレビ局も、降りてしまった。南米最強の呼び声高いベネズエラのバンベラも、500万ドルが出ないのであれば、このレースを回避するという噂だ。 そこらの飲み屋でも「ゼニヤッタとレイチェルのどっちが強いか?」なんて議論で盛り上がっていたアメリカのファンたちも、これで一気にトーンダウン。まぁどちらかが引退してしまったわけではないので、5月、6月あたりにこの対決が実現すれば、またアメリカの競馬も盛り上がってくると思うのだが…。【関連情報】★週末は高井氏の「プロの勝負馬券」をチェック!★重賞のデータ予想、追い切り速報など充実のレース情報★重賞のデータ予想、追い切り速報など充実のレース情報★競馬関係者のブログが満載の「ブログ王国」★気になるあの馬の能力値は?「指数X」は枠順確定後に無料公開

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。