So-net無料ブログ作成

アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件

 オウム真理教による地下鉄、松本両サリン事件などの被害者への賠償問題で、後継団体の「アレフ」は16日、被害者側に約360万円を新たに支払ったと発表した。しかし、依然として20億円を超える支払い義務が残っており、被害弁済は滞っている。 記者会見した荒木浩広報部長は「会員の減少や高齢化、不況により支払い能力は大きく低下しているが、道義上の責任に基づき誠意ある対応をしたい」と話した。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。