So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の1コマ「成功しやすい告白の仕方とは?」2

写真拡大漫画家たちが無茶振りに挑む生放送 『漫画家だらけの大喜利』から、今日の1コマをお届けします。■お題:「成功しやすい告白の仕方とは?」「くつ箱だとあふれちゃうから、百葉箱で!」描き手:市川ヒロシ■お題:「成功しやすい告白の仕方とは?」製図の但し書きの部分に。描き手:見ル野栄司漫画家だらけの大喜利ブログこの回(3/11)はこちらで放送していました※3分後に本編スタートしますガジェ通生放送 『漫画家だらけの大喜利』は毎週木曜日 夜20:00から放送中!次回、3/18(木) はこちらで放送!http://live.nicovideo.jp/watch/lv12870382皆さんからのお題も募集中です!こちらから「大喜利お題投稿」というタイトルでお送りください。お待ちいたしております。

宅配便の再配達もインターネット時代へ

写真拡大詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。【通常のグラフはこちらをクリックしていただくとご覧いただけます】宅配便もネットの時代へ!再配達依頼者の5割「ネット依頼利用」 〜ネットでの再配達依頼は8割半が「パソコン」から不在時に荷物が届き、受け取れなかった際などに依頼する「再配達」。電話だけでなくインターネットで再配達の依頼を受けている宅配便業者も多いが、インターネットでの依頼を行っている人はどのくらいいるのだろうか。ネットユーザーを対象に調査を行い、20代から40代の男女542名の回答を集計した。回答者のうち、荷物の再配達依頼をすることが「頻繁にある」人は35.6%。「たまにある(45.9%)」「滅多にないがしたことはある(9.6%)」を合わせると、再配達依頼経験者は全体の91.1%にのぼった。再配達依頼経験者に、再配達を依頼する際にインターネットから申し込んだことがあるか聞いたところ、「ある」と答えたのは47.6%。男性(55.0%)のほうが利用経験者は多く、女性(39.3%)を15.7ポイントも上回っている。また、再配達を依頼する頻度が高いほど利用経験者が多く、「頻繁にある」人では61.1%と高比率に。これらの利用経験者のうち、83.0%がインターネットでの再配達依頼時に「パソコン」を利用することが多いと回答。「携帯電話」は17.0%と少数だ。続けて、インターネットでの再配達依頼経験者に、再配達を依頼する際に電話ではなくインターネットを利用する理由を聞いたところ、63.0%が「インターネットのほうが手軽に感じるから」と回答。「電話の自動音声応答に従って番号を入力するのが面倒だから」は13.6%、「電話で宅配業者の人と話すのが嫌だから」は6.0%という結果に。「その他(17.4%)」とした人の理由(自由回答)では、「電話代がかからないから」「メールが来るので記録が残る」「深夜に再配達依頼をするから」といった声が複数見られた。では実際のところ、インターネットでの再配達依頼経験者は電話とインターネット、どちらで依頼することが多いのだろうか。尋ねたところ、「電話」と答えたのは40.0%、「インターネット」としたのは60.0%と、半数以上がインターネットを利用するという実態が明らかに。「インターネット」派は男性(67.1%)に多く、女性(48.9%)を18.2ポイントも上回っている。再配達依頼経験者が大半を占める現在、その利便性からインターネットでの再配達依頼がさらに増えていくのかもしれない。調査はネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。◆詳細なデータは、アイシェアの市場調査ページ「rTYPE」でご覧いただけます。宅配便の再配達に関する意識調査http://release.center.jp/2010/03/1601.html◆rTYPE リリースの文章、画像はご自由にご利用頂けます。※一部利用規程、版権に関わるものがある場合がございます。株式会社アイシェア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。